スウェードのiPadケースが欲しい!

とっても久しぶりの更新です。

今回は。。。タイトルそのまんまです
以前にもiPadケースとしては 「DODO CASE」について記事を書きました。

ガジェットのケースに限らず、僕は素材感のあるものが好きです。
木やフェルトや革などなど。
もちろん最近のApple製品のアルミの金属感も好きです。

そんなわけで今回はNew iPad用、ではなくiPad2用(ホワイト)用のケースを探していました。
今回「薄く」,「本体の色と調和するもの」で「素材感のある材料」を満たすものをネットを探し回り、Amazonでみつけたのがこのケース。

超軽量! iPad2専用 ケース イタリア製スエード素材 スーパースリム スリープ&スタンド機能付き グレー

L1001161.jpg

早速とりつけてみました
背面を覆うカバーは4隅についた樹脂の爪でiPad本体をパチッと引っ掛けてまったく落下の心配はありません。
表面を覆うカバーは5:3くらいに分割されて折れ曲がるようにできており、裏返して裏カバーに革のベロを差し込むことでキーボードスタイル、ビューワースタイルと立てることができます。
もちろん、純正スマートカバー同様蓋の開け閉めによって電源のオンオフができるようになっています。
ケースの機能的な部分は一般的なケース同様、平均的なものです。

このケースでいちばん気に入ったのは閉じた時の本体を含めた厚さ(約1.5センチ)、そして手触りでしょう。
それはなによりスウェードのもつ柔らかさが手に気持ちよくなじむからだと思います。

グレーのスウェードの質感がホワイトボディに思った以上にマッチしていい感じでした。
そして茶色の革のベロがいいアクセントになっています。

Read more...

スポンサーサイト

iPhone、iPadでのお絵描きにはこれ!TUNEPENCIL DrawPro!

こんにちは
先日ようやく発売された「TUNEPENCIL DrawPro」が届きました!

image20110926.jpg

iPhone・iPadにはたくさんのドロー系のアプリがありますが、指で描くにはまさに描きたいその線は指の陰になってしまいみることができませんでした。線の太さをコントロールして細線にしたときにはデリケートな線の描きはじめのポイントはさぐりさぐりでした。
でもそんな悩みも今日まで。

なんといってもこのTUNEPENCIL DrawProの特徴はそのペン先にあります。
詳しくは販売元のフォーカルポイントコンンピューター株式会社のWEBサイトを観ていただくとして、その特徴はペン先に取り付けられた直径8ミリほどの透明な円盤状プラスチック板です。
これによってタッチパネルでの感知のために必要な直径4ミリほどのポイントの中央を目で確認することができるのです。

この製品にDRAWという文字が入っているように、このペンは書く、操作するということより描くということに特化した製品といえるでしょう。
日常で使う筆記用具は細い線を描く時は先端の細いもの、太い線を描くには先端は太いものと感覚的に知っています。これまでiPhoneやiPadで使えるスタイラスは先端が太めだったため細い線を描くときにその感覚とのズレがありました。
このペンのペン先は透明な板なのでペン先をみるというより実際に画面に現れる線を見ながらそのペン先をアタマの中で感じてると表現するのがいいような、そんな使い心地です。

sketch20110926.jpg


早速描いてみましたよ
ペンと先端の透明な円盤をつなぐ部分はバネになっているためにペンを持つ手の角度とiPhone・iPadの角度にあわせて自由な持ち方置き方描き方ができるようになっています。
前述しましたが、このペンで描く時のペン先というのは画面に現れる線に応じて頭の中に感じることができますよ。

プレゼンの資料にちょっとしたポンチ絵をいれるだけでもずっと分かりやすくなりますし、それも手書きなら気持ちも伝わりますね(^_^)

TUNEPENCIL DrawPro おすすめですよ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。