坂本龍一 『Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009』など

  • Day:2008.12.31 21:36
  • Cat:音楽
坂本龍一 『Ryuichi Sakamoto Playing the Piano 2009』
来年、通算45枚目(site sakamotoのディスコグラフイー参照)のソロアルバム『out of noise』を発表する坂本龍一の全国21カ所ツアーの詳細が今月発表された。少し遅くなってしまったけれどツアーチケットの先行予約も済み、2005年のツアー以来のツアーを楽しみに記事にしてみます。

前回は『/04』、『/05』と2枚のソロアルバムをもとにしたソロピアノ演奏でした。ステージには2台のピアノが置かれ、そのうち1台は自身の演奏データを再現できるMIDIピアノで教授自身との二重奏を聴かせてくれました。このときのライブは『PLAYING THE PIANO/05』としてDVDになっています。なかでも「Riot in Lagos~+33~Happyend」とつながるあたりの二重奏が刺激的でした。中でも『FrontLine』(自身のソロシングル)『BGM』(YMO)に収録されていた「Happyend」がこの『/05』のピアノでのアレンジになってメロディの持っていた退廃的な雰囲気がいい形で表現されたような気がします。

今回のツアーは全席8,400円ですが、この金額の中にはカーボンオフセット代が含まれているんです。つまり、日本国民1人当たりが1日に排出するCO2約6kgのうち、1kg分をカーボンオフセットする費用が含まれているということらしい。それが8,000円のうちのいくらなのか言わないところがちょっと???です。大人の事情なのかな。
今回の21カ所のツアーのトピックとしてはその都度24時間以内にそのライブの音源をiTines上にアップするといういままで例のない試みがされる。どれも同じ曲目なら21カ所アップする意味あるの?とも思うがファンとしてはやっぱり聴いてみたい。1カ所のライブ音源を1,500円としたら21カ所で31,500円かあ。。。とりあえず最初のライブは3月18日東京国際フォーラムなので、24時間以内というと翌日の19日夜までにアップされるのか。

教授といえば、明日元旦深夜にかけてNHK FMで近年恒例の「坂本龍一ニューイヤースペシャル」がオンエアーされます。番組内容は彼の音楽的なルーツを紹介していくものですが、今回はJAZZから受けた影響についてゲストに山下洋輔さんを迎えてピアノを演奏しながらその影響について語るもよう。
"坂本龍一ニューイヤー・スペシャル" NHK FM






スポンサーサイト

ソニーが革命的な新VAIOノートを発表!?その2

  • Day:2008.12.29 10:22
  • Cat:PC
先日の記事でとりあげたソニーさんの新しいノートPCの続報が、engadgetで写真付きでとりあげられていますが、実はこれ"ソニーショップ店員の日記blog 「C-TECバックルーム3」"で今回の製品予想画像として画像加工で作られたものなんですね。ThinkPadのような赤いトラックポイントがアクセントとしてかわいいです。

写真はリンク先でご覧いただくとして、このくらいの製品が現実的な線なのかもしれませんね、個人的にはソニーさんの言う「you will change the way you look at laptops.Forever.」がこのくらいだとちょっと残念です。アナウンスされているまだ見ぬ新しいラップトップが既に公表されはじめているVAIO Pシリーズでないことを願います。

初めて買ったLPレコード

  • Day:2008.12.26 23:15
  • Cat:iPhone
20081226231538
年中いろんな理由をつけては買い物してしまいますが、Xmasだとムダ遣いしてる感覚が少なく自分にとっての買い物ができます。たぶん。
そんなこんなで、Amazonでカートに入れたもののすぐに買わなくてもいいかなと入れっ放しになっていたCDを注文した。
これは僕が小学生の頃、一番最初に買ったレコード。
今年になって紙ジャケットで復刻版CDとして発売されていたので懐かしくてカートに入れてあった。当時ほんとにすり減るほど聴いていた。アニメのルパンも好きだったけどこのジャケットに描かれているモンキーパンチの絵がとても好きで部屋に飾っていた。
それまでに知っていたどの音楽とも違う雰囲気に夢中になっていたような気がする。当時は歌謡曲よりも、刑事コロンボのテーマや黒いオルフェのテーマが好きな子だったので友達と話題を合わせるためにベストテンなんかを見ていたっけ。一度だけ好きな歌手は誰?とかいう話題の時に、大野雄二って答えて空気がおかしかったので人前でそういう話題はしなかった。

今、あの頃好きだった曲がiPodやiPhoneで聴けるのが素直に嬉しい。このアルバムで1番好きだったのは4曲目の「スフィンクス」だったけどその他の曲もアレンジも今でもやっぱり好きだ。


iPhoneから投稿

  • Day:2008.12.26 12:58
  • Cat:iPhone
20081226125838
なんか静かな朝、カーテンの隙間からもれてくる光がいつもより明るい。
カーテンを開けると屋根にのった数センチの積雪が朝日を受けてキラキラ
光っていた。
庭先へでてiPhoneで初めての雪景色を撮ってみた。
このカメラだと露出補正ができないので「ezimba」を使ってリサイ
ズと明るさを調整してアップしてみる。

ソニーが革命的な新VAIOノートを発表!?

  • Day:2008.12.24 14:56
  • Cat:Mac
engadget日本版の記事で知りましたが、ソニーが新しいVAIOノートのディザーサイトを公開したようです、12月24日現在そのサイトは“The page you have requested is not available. Please click here to return to the homepage. ”となって見られなくなっています。
ソニーが一度は出したページですから、下げるにはそれなりの理由があるのでしょうけどなんといっても気になるのは広告のトップページにある「On the 9th of January you will change the way you look at laptops.Forever.」という言葉です。

先日の記事で富士通さんの中途半端な(失礼)タッチスクエアという操作用に使える小型液晶を搭載したノートを発表したことにふれましたけど、今回のソニーの新VAIOはそんな程度のものではないのでしょう。
過去記事をよむ

物理的なキーボードをやめてキーボード部分はWVGAくらいのマルチタッチスクリーンにし,タッチパッド・キーボード・タブレット・ドックなどを切り替えて使えるようなiPhoneの大きなものがキーボード部分そのものになった形のキーボードレス2画面ノートになると楽しそう。

本当はAppleで出して欲しいノートですが、今回の小型サイズのノートPCは初代VAIO C1を思い出しますし、あのとき以上にノートPCの概念をかえてくれるような製品を楽しみに来月を待ちたいと思います。

宛名職人 Ver15を使ってみたよ

  • Day:2008.12.23 23:29
  • Cat:Mac
前回の記事でちょっとふれた「宛名職人 Ver15」。
iPhoneに慣れてきて、MobileMeを介してMac上のアドレスブックとの連携に感心しているこの頃、年末恒例の年賀状書きに直面し「この心地よさのまま年賀状の宛名印刷できたらいいのに」と思い、Macで使える唯一?の年賀状ソフトをダウンロード版で購入しました。
昨年まではこのてのことはWindowsでやっていたので「筆まめ」というソフトを使っていました。実際選択肢がないなかで選ばざるをえないソフトって正直不安いっぱいでした。一応WEBで体験版がDLできたので使ってみましたが一番試してみたい「アドレスブックとのシンクロ機能」が制限されていて使えません。。。

仕方なくメーカーのサイトで「売り」としている言葉を信じてオンラインショップからDL購入しました。\3,990円。パッケージ版との大きな違いは収録フォントの数でしょうか、DL版では“人名外字フォント3書体”の3書体のみ収録。パッケージ版は日本語フォント5書体のほか欧文フォントを含む68書体が収録されています。


先ほど宛名印刷を無事に終わらせることができたので、使い勝手などを少し。
まずはMacのアドレスブックを住所録とシンクロさせるわけですが。
新規作成から住所録を選択、なにも書き込まれていないまっさらな住所録がひらいたら“アドレスブックとシンクロ”を選びクリックすると
pict_a_010.jpg

シンクロさせる際に優先するデータを選択できます。

pict_a_011.jpg

でこれを選び「実行」すると簡単にアドレスブックの項目が読み込まれました。

pict_a_012.jpg

アドレスブックでは都道府県/市町村/その後という具合にそれぞれが仕切られたデータになっているのですが、シンクロによって取り込まれた宛名職人の住所録では都道府県と市町村はひとつの箱に入っています。
アドレスブックからvCardを書き出して、それを読み込ませた場合、上記のように住所がバラバラになって宛名印刷レイアウトに困ることもあるので、ちょっとしたことですけど便利かもしれません。


というわけで、ひとまず住所録の取り込みをまとめてみました。






MobileMe がメンテナンス中

  • Day:2008.12.23 15:02
  • Cat:Mac
pict_a_009.jpg

MobileMeがメンテナンス中なのかアクセスできません。

きっとたいしたことじゃないだろうけど、この時期特に年賀状作成のために住所録を整理してMacBookProの中のアドレスブックとiPhoneの連絡先をMobileMeを使ってシンクロさせようと思ったいたらこのとおり。

今までは年賀状の宛名印刷は選択肢の多いWindows用のソフトを使っていたけれど、今年になって「宛名職人ver.15」がMacのアドレスブックにシンクロできるようになったことがきっかけで、あちこちになっていた住所録も整理して宛名職人で印刷するべくシコシコ作業してます。
MobileMeのおかげでMacでアドレスブックを直せばiPhoneの連絡先もMobileMeを利用してワイヤレスでシンクロできるのは便利ですね。

iPhoneから写真つきで投稿してみる

  • Day:2008.12.21 11:12
  • Cat:iPhone
20081221111253
深夜の旧和田トンネル入り口。
長野県の諏訪地方と佐久地方を結ぶ街道にある。
当時は142号線で和田峠を超えるにはこの1車線のトンネルを通るしかなく、すれ違う車を信号機の切り替えで交通整理していた。
現在は2車線の新和田トンネルができてあまり使われていない。
昨夜は雲が少なく峠頂上付近で車のライトを消すと満天の星の中にいるよ
うな気分になった。

絵文字メール作成アプリ『Yuriko』がアップデート

  • Day:2008.12.18 08:30
  • Cat:iPhone
先日公開された絵文字メール作成アプリ『Yuriko』が昨日アップデートされていくつか不具合が解消されました。バージョンは1.2。
先日とりあげた際に本文入力中に削除したはずの絵文字が送信時に添付ファイルとして添付されてしまう不具合を含め、画面切替・絵文字入力・削除ボタンの安定化。ほかメールアドレスのエラーチェックルールの変更も含まれているようです。
これまで使った中でごくまれに送信時に送信完了する前にアプリが落ちてしまう原因がどういう条件で起きるのかわからないのですが、制作者が既知の標準の絵文字との併用で落ちるというのとはちょっと違うようです。

appli_icon_f_01.jpg
Yuriko ←こちらからどうぞ

Read more...

iPhoneでクリスマスソングを "MUSIC for the holidays"

  • Day:2008.12.16 22:53
  • Cat:iPhone
pict_a_001.gif

Starbucks Music for the Holidays こちらからどうぞ

pict_a_005.jpg
スタバのマークにちょっとクリスマスな雰囲気の『MUSIC for the holidays』。
無料なので思わずダウンロードしてみました。詳しいことはよくわかりませんが、このアプリはiTunesのラジオのようなものかなと思います。クリスマスソングを含む冬の休日にぴったりな45曲をストリーミングで次々とながしてくれます。そのため通信環境によっては途切れたりすることもあるかもしれません。
今のところ自宅も仕事場も無線LAN環境のおかげなのか不満はありません。机の上で本体のスピーカーでながしているので音質については今のところよくわかりません。

pict_a_006.jpg

再生中の曲で気に入った曲があったら「BUY SONG」をタップするとiTunes Storeで買えるようになっています。iTunes Storeでの試聴が30秒ほどしか聴けないことを考えると、フルサイズの曲を聴いてから買う、こういう形で新しい曲に出逢えるのはいいかもしれませんね。
このアプリこそ無料ですが、開発元の"nuTsie 社"の同様のアプリは100曲のストリーミングで350円ですので、この45曲配信のこのアプリは結構お得ですね。
ところでこの読みづらい社名はiTunesを並べ替えたものでしょうけど、なんて読むんでしょう?


iPhone nanoのうわさ?

  • Day:2008.12.16 08:39
  • Cat:iPhone
CNET JAPAN のモバイルチャンネルの記事より

アップル、Macworldで「iPhone nano」を発表とのうわさ

記事元は海外のサイト「iDeals China」のようです。
2009年の1月に開催されるMacworld Conference & Expoにおいて発表されるのでは、といったうわさなのだとか。そしてその iPhone nano ケースの3Dグラフィックの比較図が掲載されています。

気になったのはこの製品は現行のiPhoneを買えない層に向けられているということです。
疑問に思うのは、iPhoneが欲しいけど買えない層って、本体の価格よりランニングコストとしてのデータ通信による費用のほうがはるかに高額になることを心配してiPhoneの購入をためらっているのではないかと思うのですがどうなんでしょう。僕自身もしソフトバンクがデータ定額料金の思い切った見直しをしなかったら購入したかどうか。
ただ、本体価格についてはソフトバンクの分割購入プランでのイメージですから一括払いとなればそれなりに高額ですし、海外での一般的な購入金額と利用料金がその他の機種に対してどの程度割高なのかを理解しないと詳しい比較はできませんが。

弟分「IPhone nano」はたしてでるのか。

pict_a_004.jpg
iDeals China 掲載画像



今年を表すふたりの言葉





今年を表す漢字です、アメリカでの出来事も捉えているようです。
そして国民の代表である二人の言葉。
まさに“変”ですね。

福田康夫 辞任会見


バラク オバマ勝利演説(字幕付き)

富士通からタッチスクエア搭載ノート発売

  • Day:2008.12.15 16:47
  • Cat:Mac
富士通から操作用小型液晶ディスプレイ付きノートPC発表
pict_a_003.jpg

FMV-BIBLO NW/C90D と FMV-BIBLO NW/C90N
やっぱり出た。って印象ですね。
pict_a_002.jpg

最近のタッチディスプレイ搭載携帯電話などを見ていると、いつ出てもおかしくなかった製品でしたけど。機能的にはノートPC搭載のAV機能の操作のほかに登録したアプリケーションやフォルダのアイコンをタッチすることで起動させることができるというもの。従来のメーカーPCについていた専用ボタン+αがタッチディスプレイに置き換わったようです。

「それだけ?」

すべての操作をマルチタッチインターフェイスによって行うiPod Touch / iPhoneはじめ各種PDAがこれだけあるといささか前時代的に見えてしまいます。
タブレット型のノートPCが出て久しいですが、限られた画面をどう見て操作するかという課題をマルチタッチインターフェイスをもって自由に拡大・縮小・移動を行えるUIを手が覚えてしまった今となってはLOOXにおいても見劣りがするのは仕方ないのかなと思います。

Appleならどういう答を見せてくれるのでしょうか?
 そう "Think Different"

女性は恋人にデコメを送る?

  • Day:2008.12.14 00:12
  • Cat:iPhone
CNET JAPAN ブログから
デコメの利用状況調査について面白い記事がありました。

「MMD研究所ブログ デコメの送り先」

男性も女性も一番多いのは友人に向けたもの。そして男性の場合、恋人に対してデコメを使用している人数が2番目であったのに対し、女性の場合友人の次に多いのは家族に対して。そして恋人に対してデコメを使用する人数は男性のそれよりも3分の1以下の数字。

前回の記事でiPhone向けHTML形式の絵文字送信アプリ「Yuriko」を取り上げましたが、まさにこれはデコメ送信アプリでした。アイコンは男性にはちょっと恥ずかしいくらいかわいらしくまるで女性向けみたいです。

もしデコメが文字以上にニュアンスを伝え、他人との緊張関係を和らげるために使われるものだとするなら、女性にとって家族や恋人というものは男性の思う以上の親密さがあるのかもしれません。一方男性はそんな女性にひっぱられてコツコツと返信し、そのうちその面白さ自体にはまるのかもしれないなと思いました。
で、面白くなった頃には相手はあまり使わなくなると。。。

iPhoneからデコレーションメールを送信できるアプリ『Yuriko』のインプレ

  • Day:2008.12.13 19:32
  • Cat:iPhone
appli_icon_f_01.jpg
12月8日リリースのiPhone,iPod touch向けアプリケーション『Yuriko』
Yuriko ←こちらからどうぞ

先月11月21日よりiPhoneでも絵文字が使えるようになりましたが、まだ同一キャリア同士でのメールにのみ限られていて、相変わらず他社との携帯との間では絵文字は使えません。
Gmailを使えば他社との携帯との間で絵文字を使えるかと思いきや、iPhoneのsafariでは絵文字の入力ができませんでした。
と、そんなところにこのアプリ『Yuriko』です。
いわゆる"デコメ"を作って送信のみ行える専用アプリです。
ちょっとわかりにくいですが、このアプリでは携帯電話でいうところの絵文字入りメールしか作れませんが、そのメール形式がHTML形式で作成・送信をするため、相手が携帯電話の場合、それはいわゆるデコメ・デコレーションメールなどに対応した機種でないと表示できないということになるようです。(相手がソフトバンクならこのアプリでなくて普通に絵文字使えばいいので)


早速インストールして使ってみましたので、ちょっと使い勝手など。
まずはインストールし、起動させると下の画像の左端のようなアカウント設定画面が出ますので、ここで新規追加をタップしアカウントを登録しました。
僕はとりあえずソフトバンクの@i.softbank.jpのアカウントを使って送信しようと思っていたので"表示名" "アドレス" "SMTP送信メールサーバ"の部分を埋めました。
最初、SMTP-AUTHがオフになっているまま設定を終えて登録しましたら、エラーになってしまいました。この部分をオンにすることで、以下"ユーザー名"と"パスワード"を入力できるようになりました。

開発元のサポートを見るとキャリアというより機種によって、対応する携帯電話があるようでした。デコレーションメールなどのHTML形式のメールに対応するようになったのは最近で、auではW43以降らしい。とりあえずauのW44Sでは無事に確認できました。
これで350円。安いか高いかは使い方次第ということで。。。
受信機能がないため返信として使えないのがたまにきずですが、iPhone以前に携帯のメールで普通に絵文字を使っていた方にはお薦めです。
せっかくのHTML形式のメールアプリなのでiPhoneで撮った画像もサイズを変えて挿入できるといいのに。

ちょっと一点、サポートでも対応予定として記載されていますが、メール作成中に絵文字を入れたあとその絵文字を削除して送信しても相手にはその削除したはずの絵文字が添付ファイルとして送信されるという不具合が確認できました。
知らずに送り「変な添付ファイルが一緒にきたけど何?」って言われました。
まあ、絵文字の入力時に間違えなければいいのでしょうけど。


ip081210_05.jpg


アプリケーションの開発元“FEYNMAN

71:36 Sabi/Kiyo を聴いた。

  • Day:2008.12.13 11:57
  • Cat:音楽
『71:36』Sabi/Kiyo
7136.jpg

Sabi - 71:36 ←今なら"ウインターセール中"

今年後半、iTunes Storeでジャケットを見て気になっていたアルバム。
"ウインターセール"の商品に入り安くなっていたので、思わず購入しました。
彩度が低く限りなくモノトーンのアルバムジャケットからは重く沈んだ印象を受けましたが、実際に聴いてみると静かな中にも“速度”があり緊張感のあるものでした。ちょうどこの季節にはいいかもしれません。1~5曲目あたりで使われる管楽器のような音色を含めアコースティックな音が耳に心地よいアルバムでした。6曲目以降後半はまさにエレクトロニカですけど。
このアルバムはSabiさんが3曲とKiyoさんが2曲のほかにその曲をリミックスした曲、合計10曲で構成されています。原曲もさることながらこのアルバムに参加しているリミキサー4組の手によってアルバムがとても魅力的なものになっています。

このアルバムアーティストのSabi/Kiyoさん、お二人のインタビューを読むことができます。
disk union スペシャルインタビュー

 iTunes Store(Japan)

映画の中のMac

  • Day:2008.12.12 10:53
  • Cat:Mac
2008年11月公開 Walt Disney Picture社のアニメ『BOLT』

pict_a_001.jpg

アクションシーンの最中、ボルト(主役)が通過する列車の屋根に飛び乗るシーン。その車中で作業する女性の膝の上のマック越しに天井がへこみ、衝撃音に驚き目をあげる女性のカットをキャプチャ。(サイボーグ犬なので体に見合わずかなりの重量がありそう)
で、このMacは何かなあと思ってこうしてキャプチャして見てみると、PowerBookG4 チタニウムのように見えます。側面の液晶ヒンジ側にある排気口や同じく側面左手のヘコミなどはそれのものですが、排気口左に本体の反対側にあるはずのPCカードスロットの挿入口があるように見えます。
これ以上は僕にはちょっとわかりませんでした。

アップルのWEBページでこのトレーラーをHDで見ることができます。
http://www.apple.com/trailers/disney/bolt/hd/

サタデーナイトフィーバーの(って古いか)ジョン・トラボルタが主役のBOLTの声をやっています。来年には日本でも公開になるのでしょうか。



iPhone ~ フェルトケース

  • Day:2008.12.11 15:09
  • Cat:iPhone
最近購入して気に入っているフェルトケースです。
ip081210_04.jpg

ハンドメイドフェルトケース for iPhone3G ブラック
                          /buzz-house design

iPhoneにはパワーサポートさんの『Air jacket set for iPhone3G』を装着していますが、この状態でぴったりとケースに収まりました。
なによりフェルトの手触りが良く、ツルッと硬質なiPhoneとの対照的な感触に手が喜ぶ感覚です。


iPhone のマクロレンズ

  • Day:2008.12.11 00:19
  • Cat:iPhone
手の届く範囲の撮影にとても弱いiPhoneのカメラ。
iPhoneと一緒に使っているauの携帯に比べると驚くほどカメラ機能は弱い。パンフォーカスカメラとして割り切っているのだけど、小さなQRコードなんてとても苦手。
そんなストレスを解消すべく、マクロ撮影をしたい時に使うために本体のレンズの前にかざして使えるコンバージョンレンズを探してみた。探すといっても市販されているもののことではなくて、家にあるジャンクカメラから外したレンズなんですけど。

下:iPhoneとその近接用レンズ(GX100)

ip081210_03.jpg

その中でAFが出始めのころのミノルタのコンパクトカメラから外したレンズが思いのほかシャープに写すことができたのでアップしてみます。
以下iPhone +レンズで付属ヘッドフォンを撮ってみました。このレンズをiPhoneにかざして撮影すると5センチほどの近接撮影ができ、だいたいコンパクトフラッシュくらいの撮影範囲を写すことができました。

iPhone +近接用レンズ使用

ip081210_02.jpg

下が部分拡大です。網の細部まできちんと解像していてピントの大事さがわかります。
iPhoneのカメラでもこのくらいの画像が写せるんですね、ちょっと見直しました。やっぱりAF便利だなあ。MF3焦点くらいでもいいんだけど。

ip081210_01.jpg

これによって、今まであきらめていた小さなQRコードも読むことができるようになりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。