AirMac が「切り」のまま戻らないとき

  • Day:2009.01.09 11:54
  • Cat:Mac
昨日、Appleが推奨しているMacBook Proのバッテリーメンテナンスを行った。
100%充電の後使い続けて放電させバッテリー残り1%あたりで静かにスリープモードに入った、それから放置すること5時間以上、電源アダプタを接続し起動させたところAirMacの反応がまったくない。(あれ?)"システム環境設定"-"ネットワーク"からAirMac設定で確認すると「切り」になっている、しかしこれを「AirMacを入にする」をなんどクリックしようともまったく反応しない。(ちょっとあせる)

別のWindowsPCを使いでネットで情報を探してみるとアップルからこんな記事が発表されていたのを見つけた。早速、先ほどの"ネットワーク"の設定で左のボックスに表示されているAirMacを一旦削除し、再起動後再び追加でAirMacを追加させたところ無事に元に戻りました。

ソフトウェアアップデートでは最新でしたので、そこに今回の原因があるわけではないのでしょうけど、バッテリーの完全放電の過程でAirMacへの給電もカットされそのまま設定が固定されたのかもしれません、今までのバッテリーメンテナンスではこのようなことはなかったのですが、今後もバッテリーメンテナンスは続けていかなければいけませんので、今後のためにはいい勉強になりました。

それにしてもコンピューターのトラブル解決のための情報はネット上にあるわけで、最低2台はコンピューターがないと困るなあと改めて痛感したのでした。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。