名曲喫茶 ライオンに行く

  • Day:2009.01.25 11:37
  • Cat:音楽
ip090123.jpg

先日観たBSで全国の名曲喫茶の紹介番組「音楽名店探訪
そこで紹介されていたのは主にクラシック音楽を専門にした喫茶店でした。マナーを大切にして他のお客さんに迷惑をかけないようにして音楽を楽しみに通う人たちと、居心地のよい空間を維持しているマスター達の優しい笑顔が印象的でした。
その中で紹介されていた「名曲喫茶 ライオン」に来ています。
場所は東京は渋谷 道玄坂。
店内は撮影禁止なので店内の写真はありません。店内に入ると左手正面の吹抜けにそびえる店の大きさに対しては巨大なスピーカーが目に入ります。

とここまでは店内でiPhoneで書いたものです。

店内は薄暗く昔の映画館のにおいを思い出しました。
お客さんで2割ほど埋まった席は4人がけのボックス席を除きどれもスピーカーのほうを向いていて、音楽を楽しむ場所だということが良くわかります。
2階の席にあがり吹き抜けに面した席に座りコーヒーを注文。
ホットコーヒー 一杯500円です。
2階の席にはノートPCをひらき仕事をしているサラリーマン風の男やノートを広げなにやら書いている若い女性など、時折レコードノイズの混じるクラシックの演奏の中、クラシック音楽を共有しながら静かな店内でそれぞれの過ごし方をしている居心地の良さを感じました。

名曲喫茶 ライオン」ホームページ

BSの番組中でも言っていましたが、最近はひところにくらべだいぶお客さんは減っているようです。iPodで音楽を楽しむようになって久しいですが、より気軽にどこでも音楽を楽しむ時間は増えましたがそういうものとは違う音楽の共有の仕方を体験した気がしました。
印象的なのはこういうお店が現在も残るきっかけには創業者の思いがあるということ。
ほかのお店も行ってみたくなりました。

次の日、偶然立ち寄った新宿西口ロータリー地下に隣接する「スカラ座」という喫茶店も店内の灰皿に"名曲喫茶 スカラ座"と書いてありました。
しかし今では談話室 スカラ座といった感じで一応店内にクラシック音楽は流れているもののもはやそれを聴く人はなくにぎやかな店内でした。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。