Apple news radio ワンボタンの声

  • Day:2009.02.11 11:05
  • Cat:Mac
昨年春ぐらいに偶然聴き始めて以来、毎週楽しみにしているMac系ポッドキャスト

『Apple news radio ワンボタンの声』

聴き始めた頃は週1回くらいの更新でしたが、最近は週2回3回とリスナーとしては嬉しい配信をされています。ラジオのチューニングノイズと歴代Macの起動音から始まる番組は大阪のMacユーザー会の"やまむらさん"と"まつおさん"のコンビで続けられてきましたが、最近は"魚井先生"も加わりトリオ漫才のような楽しさがあります。
関西ではハンバーガーのマクドナルドのことは「マクド」と呼び、コンピューターのMacのことは「マック」(こっちは他の呼び方できないけど)と使い分ける話を聞いて、僕の中ではなんとなく関西Mac圏は特別な存在なんです(笑)フォントだって"Osaka"だし。
"Mac,iPod,iPhoneなどAppleにまつわるニュースをもとにリスナーと一緒に楽しむpodcast"ということなので先日、配信150回を記念したプレゼントクイズの応募をきっかけにブログへコメントを書き込みさせていただきましたら、今朝聴いた165回の配信で取り上げていただきました(= ̄▽ ̄=)

これからも応援しています!!
皆さんも是非聴いてみて下さいねー!


月に一度「Time Machine Radio ワンボタンの声」という10年スパンで過去に起きた出来事を振り返る配信があり、聴きながら自分の思い出と重なったりして楽しめます。1月末の回は1990年からでしたので1967年生まれの僕はちょうど大学を卒業して社会人になった頃です。その頃はとにかく仕事に追われてパソコンはまだ僕には身近なものではなかったし、仕事上の文章はOASYSというのを使っていたと思います。
その同じ時代、違う目を持ってMacを見てきた方の話しがとても興味深かったです。

僕は建築の仕事のためにCADを使うためにパソコンを使うようになったのはそれからしばらくあとで、初購入にあたり機種やOSに対して分からないときにその頃フリーで使いやすいCADソフトがあるということでWindows95のIBMデスクトップPCを20数万で購入したのが自分でパソコンを買った最初でした。(確かHDは2Gでした)
その後iMacの5色カラーが発売されたときにタンジェリンiMacを購入したのが自分で買った初Mac。昨年 MacBook Proを購入するまでWindows機を自作してCAD用に使ってきましたが、近年こうしてアップル社に関心が高まったのはiPod 4Gから使い始めたiTunes&iPodでした。
ソニーの作り出したパーソナルな音楽の楽しみ方をもう一歩進めたiPodと音楽用ソフトでありながらMac OSの使い方を学習しているかのようなiTunesで一気にMacに対する熱が上がったような気がします。
実際、初めてLeopard & iLifeを使ったときにその操作感に迷うことなくデジカメからiPhotoに取り込んだビデオをiMovieで編集してiDVDで焼くところを説明書もなく一晩で出来たのはiTunesの操作性というものがその他のApple製ソフトに一貫しているということなのかなと思います。

という経験から、友人にいきなりMacを薦める前にiTunesやiPodを使ってもらいそこからOSの垣根を越えてもらおうとしてます(笑)これはまさにAppleがiTunesを無料で配布している大きな理由のひとつなんだと良く分かりました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。