MacBook Pro 2年間の進化 起動編

  • Day:2010.04.26 09:03
  • Cat:Mac
2年前のMacBook Pro15インチモデルを隣において起動時間の差がどのくらいあるのか比べてみました。
向かって左がEarly2008モデル、右が今回のMid2010です。
電源ボタンはほぼ同時に押しています。



電源ボタンをおしてジャーンと音が鳴るまでに動きの差がありますね。Mid2010モデルは電源を入れるとしばらく間があってから起動音が鳴るようです。
起動そのものは4秒弱今回のモデルが早くなっています。
どちらもHDDは500GB(5400rpm)、メモリは4GBです。
Corei5モデルの良さを実感するのにはもう少し使ってみないと分かりませんので、引き続きまた書きたいと思います。
Early2008モデルは主にリッドクローズドモードで使っていたせいなのか、LED液晶だからなのかわかりませんが今回のモデルと大きく色に差がないように見えます。1920x1200の画面はやはり広くて気持ちいいですね。リンゴのマークが小さく見えます。

それほど大きさに差がない15インチと17インチですが、今回17インチにしてかなり満足感は高いです。重量はこれまで使っていた15インチモデルにくらべて約500gほど重くなっていますが、体を鍛えてこのくらいの重さを感じずにどこへでも軽々と持ち運びたいと思っていますよ(≧∇≦)

今回はとりあえず起動時間について見てみました、それではまた次回まで。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。